Skip to main content

Docker コンテナ管理

Dockerでコンテナ管理するためのコマンド群です。

コンテナ一覧表示

起動中のコンテナ一覧を表示します。

[root@docker ~]# docker ps

停止中のコンテナも表示する場合は「-a」をつけると表示されます。

[root@docker ~]# docker ps -a

コンテナ起動

イメージからコンテナを作成し、起動させます。
コマンドを実行すると

[root@docker ~]# docker run -dit --name="{コンテナ名}" {イメージ名}:{タグ名}

また、下記のオプションを付けることにより様々な動作が指定できます。

-d
バックグラウンドでコンテナを動作させる際に指定します。
-it
/bin/bashなどでコンテナーを操作する際に指定します。
-h {ホスト名}
コンテナのホスト名を指定します。
–name=”{コンテナ名}”
コンテナにユニークな名前を指定します。
-p {ホストのポート番号}:{コンテナのポート番号}
ホストとコンテナのポートフォワーディングを指定します。
複数指定する際は、「-p {ホストのポート番号}:{コンテナのポート番号} -p {ホストのポート番号}:{コンテナのポート番号}」と複数設定。
-e {環境変数名}={値} {環境変数名}={値}
コンテナの環境変数を指定します。
-v {ホストディレクトリ}:{コンテナディレクトリ}
ホストのストレージをマウントします。
複数指定する際は、「-v {ホストディレクトリ}:{コンテナディレクトリ} -v {ホストディレクトリ}:{コンテナディレクトリ}」と複数設定。

コンテナの中へアクセス

コンテナのbashへアクセスできます。

[root@docker ~]# docker exec -it {コンテナ名|コンテナID} /bin/bash

コンテナからホストへファイルコピー

現状コンテナからホストへのコピーはできますが、その逆はできないようです。

[root@docker ~]# docker cp {コンテナ名|コンテナID}:{コンテナのファイル} {ホストのファイル}

コンテナの起動

[root@docker ~]# docker start {コンテナ名|コンテナID}

コンテナの停止

[root@docker ~]# docker stop {コンテナ名|コンテナID}

コンテナの削除

[root@docker ~]# docker rm {コンテナ名|コンテナID}