Skip to main content

CentOS 7.1でIPv6を無効にする方法

定期的にやっているIPv6の無効化についての記事です。
下記のコマンドでIPv6が無効になります。
CentOS公式だと、IPv6の停止は非推奨みたいなのでご理解の上、設定して下さい。

echo "net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1" > /etc/sysctl.d/disableipv6.conf
sysctl -p /etc/sysctl.d/disableipv6.conf

Source: CentOS 7でIPv6を無効化する | 俺的備忘録 〜なんかいろいろ〜

CentOS 6.6でIPv6を無効にする方法

サーバ構築することがあって方法が変わっていたのでメモメモ。
日本のサイトに情報なくて海外掲示板にありました。

[root@web ~]# vi /etc/sysconfig/network
+ NETWORKING_IPV6=no
[root@web ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
+ IPV6INIT=no
[root@web ~]# cp -p /etc/sysctl.conf{,.orig}
[root@web ~]# vi /etc/sysctl.conf
+ net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
+ net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1
[root@web ~]# sysctl -p

念のためサーバを再起動。
これでIPv6が無効になります。